Price

法律相談料金

随時受付(要予約) 料金30分5,500円~

着手金・報酬金

・委任の時に「着手金」をお支払いいただき、事件等の終了時に、成功の程度に応じて「報酬金」をお支払いいただくのが原則です。2回にわたって支払いが発生する可能性があることをご了解下さい。


着手金

「着手金」は、事件等の性質から、委任事務処理の結果に成功または不成功があるも のについて、その結果にかかわらず委任の時に支払いを行う金銭です。


報酬金

「報酬金」は、事件等の性質等から、委任事務処理の結果に成功または不成功がある ものについて、その成功の程度に応じて支払いを行うことのある金銭です。


たとえば、裁判上の事件が調停→第1審訴訟→第2審訴訟という経過で終了して所定 の成功を収めた場合には、着手金としては1調停着手金、2第1審訴訟着手金、3第2 審訴訟着手金がそれぞれ発生しますが、報酬金については第2審訴訟終了時に1回発生するだけです。


着手金報酬金は、まず経済的利益(着手金については事件等の対象を、報 酬金については確保した利益を、それぞれ金銭に換算したもの)を考え、これにあらか じめ定められた割合(%)を掛ける方法で算定するのが原則です。


着手金報酬金は、依頼者の経済的資力、依頼の目的を達することについての見通し、事件等の複雑さや処理に要する時間などによって増減することも認められていますので、受任弁護士とよく話し合ってお決め下さい。


※弁護士費用については、依頼者と受任弁護士が、協議のうえ、法律相談センター運営委員会あっせん委員の「細則」に基づく意見を聞いて決定されます。

手数料

原則として1回程度の手続等で終了する事件等について受任弁護士に支払う金銭です。

時間制による料金

事件等の処理について、1時間の単価を定め処理時間を乗 じて決定する方法です。「時間制」で支払うべき金額の合計額は、「細則」に基づいて算 定される弁護士費用(着手金・報酬、手数料等)の範囲内となります。

訴訟費用等(実費)

事件等を処理する場合には、裁判所に納付する収入印紙・郵便切手代、コピー代、申請手数料、調査委託料、交通通信費、宿泊料、保証金、保管金あるいは供託金などの実費が発生することがあり、これらについては、弁護士費用とは別途にお支払いいただく必要があります。


お支払いは、受任弁護士から依頼者へ発生のつど個別に請求する方法や、あらかじめ依頼者から受任弁護士へ見込額をお預け入れいただく方法などがありますので、受任弁護士とよく話し合ってお決め下さい。


日当

日当を請求できる場合とその額については、あらかじめ受任弁護士とよく話し合ってお決め下さい。


半日(往復2時間を超え4時間まで) : 3万円
一日(往復4時間を超える場合) : 5万円